マンションリフォームを活用しようとする世の中の情勢

Posted by Wilson Cham

"政府は低迷したマンションリフォーム事業と住宅需要の変化に対応するために、近年の新しいマンションリフォーム活性化政策と対策を発表した。 その主な内容は、既存の世帯数の10%以内の増加と一般分譲可能、専用面積85㎡を基準にした増築許可割合10%差分適用、別棟増築許可とマルチホームの導入時に賃借家具許可などである。 マンションリフォーム活性化政策に住宅供給の可能性は高まったが、過密化に対応が必要 まず、マンションリフォーム時、マルチホームの導入が可能となり、賃借家具の確保を通じた事業費充当効果が大きく今後の事業の活性化と住宅供給の可能性が高まった。既存の世帯数の10%以内の増加と一般分譲可能、別棟増築許可に住宅供給と密度の増加の可能性が高まった。 特に、様々な形の別棟増築の可能性が高く、住宅環境の過密化防止策の整備が必要である。既存のマンションリフォームの方法は、大規模平衡を目指す増築型リフォーム事業に高コスト構造であった。 最近の不動産価格の下落と大型坪型のマンション需要の減少に改造事業推進地球は限界に直面している状況の変化に合わせて改善が必要である。 条件の変化に対応できるように改造の活性化制度と事業方式の改善が必要 そのための主要な政策課題として、マルチホームの導入を通じた賃貸?小型住宅の確保、密度の増加に伴う過密化対応、高コスト構造の増築型改造プロジェクト方式の検討を導出し、その改善策を提示した。 まず、既存のマンションリフォーム時専用面積85㎡を超えたアパートを対象に、マルチホームを導入して、小型と賃貸住宅を供給する。 賃借家具の増加に対応して駐車場を確保基準を世帯当たり1.2台以上に強化して専用面積の3分の1以内の増加規定は、駐車場の確保基準に置き換えます。 第二に、世帯数の増加と別棟増築などによる過密化防止のために密度管理を強化する。 その一環として、マンションリフォームについて開発密度の上限値を設定して、別棟増築に伴う住宅環境の悪化を防止するための最小限の指針を用意する。 第三に、既存のマンションリフォーム方式の改善と活性化制度を活用して事業費の削減を図る。 その一環として、既存マンションの平衡増加は最小限に抑えて、地区内の必要な駐車場は満たしているせるが、必要以上の契約面積の増加は抑制します。 これと共にマンションリフォーム活性化政策で提示された一般的な分譲と賃貸家具の確保を通じた事業費の充当努力も重要である。"

Add A Comment

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans